専業主婦(夫)でもカードローンがOKとなる配偶者貸付とは?

20160928131157原則、専業主婦の場合はカードローンなどのローンの利用はできません。
例外的にごく一部の銀行のカードローンが専業主婦でも利用可能としていますが、あくまでも例外的で当サイトでもスルガ銀行や横浜銀行くらいですし、限度額もかなり制限されます。また、消費者金融の場合は基本的にどこもNGです。

しかし、消費者金融であっても一切合切ダメということではなく、例外的にローン審査の上、利用が可能となる場合があります。
それが配偶者貸付と呼ばれる制度です。

この制度は、わかりやすく言うと

配偶者の収入があれば、審査の上、ローン利用も可能ですよ。

という制度です。
消費者金融が専業主婦(専業主夫)を利用不可としているのは貸金業法という法律でいろいろな縛りがあるためです。中でも総量規制という規制は

収入の3分の1までしか貸してはいけません

と定めているので、収入がない専業主婦(主夫)の場合は全く借り入れができないことになるからです。

夫婦単位で収入をみる

そこで配偶者貸付という例外的な措置が設けられています。
夫婦単位で収入を見ることで貸付をしても良いということにしてあるわけです。

ただし、配偶者貸付はどこでも行っているわけではありません。むしろ、大手の消費者金融はどこも配偶者貸付を行っておらず、専業主婦(夫)は絶対に不可としているところがほとんどだったりします。

【専業主婦(夫)が利用できないところ】
アコム
プロミス
アイフル
モビット

大手の名の通ったところは全滅ですね。
そもそも、配偶者貸付の場合は配偶者の同意が必要ですから、それであれば配偶者名義で申し込めばいいのではということになります。

専業主婦の選択肢

よって、専業主婦(主夫)の方がローンを利用したい場合は、

1.ごく一部の銀行カードローンに申し込む
2.配偶者名義でローン審査を申し込む
3.中小の貸金業者でローン利用可能なところに申し込む

という事になります。

もっとも、3の中小の貸金業者の場合は怪しげなところもありますし、既述の通り、ローン審査の申し込みに当たっては配偶者の同意が必須ですからわざわざ申し込むメリットはさほどないようにも思えます。逆に、配偶者の同意なしに利用が可能というような業者は闇金ですから利用しないようにしましょう。

1のごく一部の銀行がどこかですが、これは専業主婦でもカードローンの利用ができますよと宣伝してはならないことになっているためにここで具体的な行名はあかせません。とりあえずは女性をターゲットにしていそうな銀行カードローンに的を絞って申込んでみてください。

20160928132218


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ