主婦のカードローン契約について

主婦がお金に困っても、収入が少なく、正社員でもないためにお金を貸してくれる金融機関は無いのではと思われがちですが、主婦であってもパートなどに就いていればカードローン会社などがお金を借りることができます。

消費者金融でお金を借りる場合、パートやアルバイトなどにて定期的な収入を得ていないと契約を却下されるのでたとえ低所得であってもなんらかの職に就いて働いている事が前提条件となります。

ならば一切パートをしていない、一円も自分の収入が無い専業主婦はカードローンが利用できないのかと思いきや、一部の銀行カードローンサービスならば契約可能となっています。

専業or兼業 消費者金融 銀行カードローン
働く主婦
(アルバイト含む)
借り入れ可能 借り入れ可能
専業主婦 不可
配偶者の同意があれば可能な場合もある
借り入れ可能
ただし限度額は低め
(10万円~50万円程度)

専業主婦や、低所得のパートの主婦がカードローンでお金を借りる場合、多額のお金を借り入れる事は難しいです。専業主婦は銀行カードローンなら利用が可能ですが、上記の表にあるように、10万円とか、50万円まで、などと限度額の最高が低めに設定されています。銀行カードローンならたくさん借りれるというわけではありませんので注意してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ