カードローンを利用したい専業主婦は銀行でも難しい

以前は収入の無い専業主婦の方でもカードローンを利用することができました。特に消費者金融では専業主婦や学生への融資を積極的に行っていたものです。

しかし、2010年に貸金業法という法律が改正されたため、消費者金融系では専業主婦などの収入のない方への融資は事実上不可能になってしまいました。

これは、総量規制という法律が絡んでいたためで、消費者金融は貸金業法のもとでお金を貸していて、貸金業法ではいろいろな規制を消費者金融に課しているのですが、その中の1つが総量規制という規制です。これによって個人に貸しても良いのは年収の3分の1までと定められたんです。つまり、収入の無い専業主婦のような方はローンを利用することが難しくなってしまったのです。
それに、貸金業法で専業主婦への融資が可能と思われるような宣伝も禁止されています。

20160920174353

その後、銀行カードローンが受け皿になるも・・・

消費者金融が専業主婦への融資を取りやめた後、その受け皿になったのは銀行です。

銀行というとかなり審査が厳しいイメージがありますが、銀行は貸金業法の対象外であるため、総量規制は関係ありませんでした。抜け道みたいですが、年収の3分の1まで融資OKとか、そういった規制はないわけなんですね。

なので、貸金業法の改正で総量規制が定められて以降、収入が無い専業主婦の方は、世帯年収を基準に考えて審査してくれる銀行カードローンに申し込むようになりました。

現在ではほとんどの銀行で専業主婦はNGに

しかし、その流れも2017年春に終了します。

『銀行カードローンは高利で貸し過ぎではないか』という意見を日弁連が表明したのをきっかけに、銀行に対する貸し過ぎ報道が過熱し、銀行側も貸付基準を相次いで厳格化したのです。

専業主婦への融資はもちろん、即日融資といったすぐに借りれるイメージを抱かせる広告や、借り換えやおまとめといった多重債務者を相手にした広告などを取りやめました。中には低金利という宣伝をすることすら取りやめた銀行もあります。

その為、専業主婦が個人向けのローンを利用したいと思っても現在ではほとんどの金融機関で審査すら受け付けてもらえません。

中には専業主婦でも融資可能というチラシを見かけることもありますが、そういった業者は法律を無視した闇金ですから絶対に利用してはいけません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ