カードローンとは?

カードローンとは、その名の通り、カードを利用してお金を借りるローンのことです。

主婦の方にカードというとクレジットカードを想像する人が多いんですが、カードローンのカードとはローンカードのことを指します。

これは主婦を中心とした女性に人気のみずほ銀行カードローンの(ローン)カードです。このカードはカードローン専用ですが、みずほ銀行などはキャッシュカードにカードローンの機能を付け加えていたりします。

いずれにしても、カードローンはこうしたカードを使って、ATMや口座振込でお金を借りることが出来るサービスです。

限度額が決まっている

では、カードローンでいくら借りれるのでしょうか?
通常のローンだと、まず借入額が決まっていて、その金額を口座に振り込んでもらって利用します。振り込んでもらった後は返済するのみですよね?

しかし、カードローンはちょっと違っています。

カードローンの場合は予め審査で利用可能な限度額というものが決められます。例えば10万円とか、50万円という具合で、多い人になると何百万円にもなる人もいます。
で、ここからがカードローンの大きな特徴なんですが、

限度額の範囲内であれば、何度でも借入ができる

ということになっています。
例えば、10万円の限度額が審査によって決められると、借入額が10万円になるまでは繰り返し使えるということです。

1万円借りれば残り9万円まで借りられます。
(厳密に言えば利息がかかってきますから借りられるのは9万円弱です)

5万円借りていて1万円返済すれば

10万円ー5万円+1万円=6万円

ということで6万円までローンを利用することができるわけです。このように、借りて、返して、また借りてといった利用ができるのがカードローンが他のローンとは違う大きな特徴です。

主婦の場合は家計の補填に使うケースが多いですからこれは助かります。最初に借りて後は返済ばかりというよりは、毎月必要なだけ借りて旦那さんの給料が出たら返済にまわして、、、といった使い方ができるわけです。

目的自由で借りられる

もう一つ、カードローンの大きな特徴に資金使途自由というものがあります。

普通、お金を借りる場合は何に使うのかをローン申請の際に細かに伝えるものですが、カードローンの場合はそれがありません。

事業に使うのだけはNGなのですが、それ以外であれば生活費に使おうが教育費に使おうがクレジットカードの引落しの補填に使おうが原則自由です。

担保も保証人も不要

場合によっては必要になることもあるようですが、ほとんどの場合、カードローンは担保も保証人も不要です。

これは多くの主婦にとってありがたい仕組みで、他の目的ローンとは違う大きな特徴です。

通常、自動車ローンであれば自動車が担保です。住宅ローンであれば家が担保になります。
もし担保がなければ連帯保証人を立てなければお金を借りることはできません。
ところがカードローンはこれらが一切不要なんです。

ただし、厳密にいうと、保証人に関しては利用者が探す必要がないというだけで、契約上は保証会社が保証をすることになっています。なので、カードローンを利用する条件の一つに、

『保証会社の保証を受けられること』

と言う文言がどのカードローンにも明記されています。

金利は高め

限度額内で何度も借入ができて、担保も保証人も不要、資金使途も自由、まさに利用者にとっていいことづくめのカードローンですが、それは貸す側、つまり銀行や消費者金融にとってはリスクでもあります。

そこで、そのリスクを補填する意味合いで金利は高めに設定されます。

カードローンの金利は

消費者金融で3%前後~18%
銀行で2%前後~14%ちょっと

というのが相場です。下限金利で2%とか3%に注目すればかなり低金利ですが、その金利で借りられるのは限度額何百万円もの契約のときだけですから、殆どの人は上限金利での借入からスタートとなります。

となると14%~18%程度の金利になりますからちょっと高いですね。これが利便性が高いことの代償といえなくもありません。

ちなみに、金利は継続的にカードローンを利用していくことで下げてくれるケースがよくあります。お金を借りて返してを延滞なくしてくれているお客さんは金融機関にとっては上客です。できるだけ低い金利にするからまた借りてねということになるわけです。

以上、カードローンの特徴をみてきましたが、お金が急に必要になった場合などは非常に強力な味方となってくれます。返済などの計画性を持って利用することが不可欠ですが、きちんと利用すれば家計を預かる主婦の強い味方となってくれるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ