「ローン利用の注意点」の記事一覧

旦那さんに内緒で借りれるカードローン

20161018222004
主婦の方に多いのですが、

家計の赤字を補填するためにカードローンを借りたい、しかし夫に知られると怒られるので夫には内緒に借りたい。。。

といった要望があります。

しかし、こういった契約、しかもお金に関することは二重三重にチェックされるもの。普通の主婦が旦那さんに内緒でローン契約をするなどということが可能でしょうか?

一部のカードローンなら可能

結論からいうと、可能です。

カードローンの一部には、そうしたプライバシーに完全に配慮したカードローンがあります。収入があれば主婦でもローンの借り入れが可能です。

主婦もOK!内緒で借りれるカードローン

旦那さん(奥さん)や家族に内緒でカードローンを利用する際に一つ気をつけておくことがあります。

それは、本人確認をされる際に自分の携帯に連絡が来るようにしておくことです。自宅を連絡先にしていると、万一旦那さんが電話口に出た際に感づかれる可能性が高まります。連絡先は必ず携帯にするようにしましょう。

また、モビットのWEB完結申し込みを利用すると、本人確認すら健康保険証などの書面で済ませてくれます。健康保険証なら学生でも持っているものですから、怪しまれることもないですね。

昔は専業主婦でも簡単に借りれた

今は専業主婦の方はカードローンの利用がかなり制限されてしまっていますが、これは貸金業法という法律によって定期収入のない人へのローン貸付を禁止されているからです。

貸金業法が今の形に改正されるまでは特に制限もなかったため、消費者金融でも各社の裁量次第でいくらでもローンを利用することが可能でした。専業主婦でも学生でもキャッシングローンを利用することは難しいことではなかったのです。

しかし、その結果、過剰な貸付が多重債務者を生んで社会問題化してしまいました。

今では専業主婦への貸付はもちろんのこと、宣伝文句に『ローンの利用ができるかも・・・』と誤認させるようなことも禁じられています。

専業主婦OKだった銀行カードローンも不可に

専業主婦といった収入がない人が利用できるカードローンは今ではほんのごく一部の銀行のカードローンのみになっています。

当然、街中の中小貸金業者が専業主婦でも簡単に貸し付けているとしたら、それは法律違反の可能性があります。闇金である確立がかなり高いでしょう。

銀行も基本的には収入のない専業主婦がカードローンを利用することはNGとしているところが多かったのですが、一部の銀行、それも大手といわれる銀行でも専業主婦OKとしているところがありました。しかし、現在ではそれらの銀行も専業主婦はNGとなっていますのでごく一部の地方銀行でしか借りられなくなっています。

配偶者に内緒で借りるのはモビットなどを選べば大丈夫ですが、収入があることが大前提ですから、まずは収入の道を探すことから始める必要がありそうです。…

専業主婦(夫)でもカードローンがOKとなる配偶者貸付とは?

20160928131157原則、専業主婦の場合はカードローンなどのローンの利用はできません。
例外的にごく一部の銀行のカードローンが専業主婦でも利用可能としていますが、あくまでも例外的で当サイトでもスルガ銀行や横浜銀行くらいですし、限度額もかなり制限されます。また、消費者金融の場合は基本的にどこもNGです。

しかし、消費者金融であっても一切合切ダメということではなく、例外的にローン審査の上、利用が可能となる場合があります。
それが配偶者貸付と呼ばれる制度です。

この制度は、わかりやすく言うと

配偶者の収入があれば、審査の上、ローン利用も可能ですよ。

という制度です。
消費者金融が専業主婦(専業主夫)を利用不可としているのは貸金業法という法律でいろいろな縛りがあるためです。中でも総量規制という規制は

収入の3分の1までしか貸してはいけません

と定めているので、収入がない専業主婦(主夫)の場合は全く借り入れができないことになるからです。

夫婦単位で収入をみる

そこで配偶者貸付という例外的な措置が設けられています。
夫婦単位で収入を見ることで貸付をしても良いということにしてあるわけです。

ただし、配偶者貸付はどこでも行っているわけではありません。むしろ、大手の消費者金融はどこも配偶者貸付を行っておらず、専業主婦(夫)は絶対に不可としているところがほとんどだったりします。

【専業主婦(夫)が利用できないところ】
アコム
プロミス
アイフル
モビット

大手の名の通ったところは全滅ですね。
そもそも、配偶者貸付の場合は配偶者の同意が必要ですから、それであれば配偶者名義で申し込めばいいのではということになります。

専業主婦の選択肢

よって、専業主婦(主夫)の方がローンを利用したい場合は、

1.ごく一部の銀行カードローンに申し込む
2.配偶者名義でローン審査を申し込む
3.中小の貸金業者でローン利用可能なところに申し込む

という事になります。

もっとも、3の中小の貸金業者の場合は怪しげなところもありますし、既述の通り、ローン審査の申し込みに当たっては配偶者の同意が必須ですからわざわざ申し込むメリットはさほどないようにも思えます。逆に、配偶者の同意なしに利用が可能というような業者は闇金ですから利用しないようにしましょう。

1のごく一部の銀行がどこかですが、これは専業主婦でもカードローンの利用ができますよと宣伝してはならないことになっているためにここで具体的な行名はあかせません。とりあえずは女性をターゲットにしていそうな銀行カードローンに的を絞って申込んでみてください。

20160928132218


主婦がローンを検討するときの注意点

chousain9主婦といっても家事に専念している専業主婦と、働きに出ている兼業主婦、二つのパターンがありますよね。

専業主婦と兼業主婦とでは、借りられる金融機関に違いがあるんです。

他のところでもいいましたが、もし、あなたが専業主婦であったなら、借りられるのは銀行の個人向け融資のみです。


osusume

これは法律で消費者金融が専業主婦へ融資することを実質禁じているので仕方ありません。

いくら消費者金融にかけあってみても、あちらも法律を破ってまでは専業主婦にお金を貸してはくれないでしょう。

なので、もしあなたが専業主婦なら銀行の中から良さそうなところを探してみてください。

で、あなたが兼業主婦であれば、借りられる門戸は広がります。

なぜなら、収入があるからです。
収入があるということで、消費者金融もその収入ベースで融資金額を決定することが可能です。

もちろん銀行もあなたへの融資を検討してくれると思います。

収入の大きさや、勤続年数、あるいは職種などによって、融資の可否や額の大小が決まってきます。

どこから借りるかですが、一つ大事な基本のキを教えますね。

それは、”とにかく大きいところから借りること”。

世の中には、中小の消費者金融がたくさんあります。
その中には取り立てなどで怖い人が出てくるような、映画さながらの営業を行っているところもいまだにあるようです。

万一、返済が遅れると、恐ろしい展開にならないとも限りません。ですから、社会的な信用を得るように頑張っている、それなりの規模の消費者金融や銀行を選びましょう。

あ、銀行ならどこでも問題ないと思いますよ。でも、やはり借りるなら地方銀行よりもネットで大々的に宣伝をしている大銀行の方が数をこなしている分、スピーディなようです。…

サブコンテンツ

このページの先頭へ